キリンも眠る

待ちぼうけ

ニッコニコでかわいかったから 2022/07/18

ランチタイムに、ちょうどごはんのお誘いがあった。前回行けなかった、ネットに情報のない店に行くことにした。

向かいがてら、店に電話をかけてみる。電話には誰も出なかった。

この電話番号がネット上で見つけたほぼ唯一と言ってもいい情報だったので、正確な番号かどうかはわからない。もう使われていない、というパターンもあり得る。

だから、電話が繋がらないからといって店がやっていないとは限らない、と言いながら店の前まで来た。

薄々予想はしていたけれど、やっぱり店は閉まっていた。

今日は祝日だからかな、と言いながら、みんなで別のカフェに向かう。日差しが暑すぎて溶けそうだった。

 

カフェからの帰り道、あまりに暑いからコンビニでアイスを買うことに。ピカチュウがかわいかったので、ピカチュウのパインフラッペを買った。

3種類の容器があって、それぞれピカチュウが赤い帽子、青い帽子、緑の帽子を被っている。みんなかわいいけど、青い帽子のピカチュウが特にニッコニコでかわいかったから、キミに決めた!

フラッペの作り方がよくわからなかったけど、みんな店の外にいたから急いでミルクを注いで外に出た。ストローを挿してかき混ぜていると、みんなに聞かれた。

「それ揉んだ?」

「揉んでない。揉むの?」

「先に揉むんだよ。フタは?」

「フタない。あるの?」

「あるよ!」

友人はわざわざフタをとってきてくれた。お礼を言って飲みはじめる。揉んでいなかったからか、最初はぜんぜん溶けていなくて吸えなかった。力ずくで吸引しまくっている顔を見て、友人らは笑っていた。

少し飲んでから思い立って、かわいいピカチュウの写真を撮った。ピカチュウはかわいかったし、フラッペもおいしかった。

食べてからいつも思い出す 2022/07/17

ずっと前から好きで、近くに住んでいたときは通っていた中華が今日も閉まっていた。これで3回連続の空振り。もしかしたらもう廃業してしまったのかもしれない、と思って、旧友たちのグループラインに、あの店って閉店したの?と連絡する。

なんとなく閉まっているかもしれないとは思っていたので、予め第2候補にしていた近くのイタリアンに入った。

 

祝日だというのに店の前の道路には大学生がたくさん歩いていて、どうしたのかねと思う。よく見ると、ちらほら同じ手提げを持っている人たちがいる。

それで、あぁオープンキャンパスの時期だ、とわかった。

ということは、この人たちはほとんど高校生だ。そう思って見れば、どことなくフレッシュでエネルギッシュな気もしてきた。もちろん気のせい、というか思い込みである。

対面のオープンキャンパスが開催されるのも、もしかすると2年ぶりとかなのかもしれない。

 

このイタリアンもよく通っていた。

好きなパスタとピザを選べるセットにして、ヘイホーと分け合う。プロシュートのピザとウニクリームパスタを頼んだ。

ウニクリームパスタをひとくち食べたあとで、

「あっ、この店のウニクリームパスタ、食べたことあるわ」

と思い出した。ここのウニクリームパスタは、別に普通の味なのだ。

ここはウニクリームパスタよりもおいしいパスタがたくさんあるのに、ときどきウニの響きに記憶をぼやかされて、ウニクリームパスタを注文してしまう。

そして食べてからいつも思い出すのだった。

 

おいしいピザも平らげたころにはグループラインも動いていた。

「え!?」

「本当??」

といった、何の情報もないリアクションのあとに

「やってると思う。日曜定休だって」

という有益な事実が飛び込んできた。

なるほど、次は土曜日に行こう。

 

それにしても、昔から日曜定休だったっけ。あのころは曜日感覚があまりなかったのかもしれない。

昼も行ったんだよな 2022/07/16

三連休が始まる。もちろん昼過ぎまで寝ていた。

 

雨が降り出す前に近所のうどん屋さんに滑り込み、ランチセットを頼む。

うどんは冷たいほうがコシがあっておいしい、と最近気づいた。だから今日も冷やしうどんを注文した。

自分の好みに気づくまでは、あたたかいうどんも冷たいうどんもメニューのなかで横に並んでいて何とも思っていなかったのに、気づいた途端に世界の見え方が少しだけ変わる。そういう瞬間はいつも面白いけど、自分の好みがどんどんはっきりしていくのはちょっと怖くもある。世界が狭まっていくみたいな、自分が固まっていくみたいなこわさ。

でも、冬のあたたかいうどんもおいしいんだよな。あたたかいうどんのおいしいポイントもしっかり見出したい。

 

夕方にはありえないくらい雨が降っていて、夜はもう家で何か食べようと思っていると弟からまた連絡があった。

「この前言ってたうどん屋さん行こう」

昼も行ったんだよなと思いながら、雨の中を歩く。傘置きには自分の傘とまったく同じものがささっていたので、傘は畳んで店内に持ち込んだ。

弟はおいしいおいしいと言って満足そうに食べていた。今日はこのあと朝までカラオケに行くらしい。

まだ20時にもなっていないのになぜか今日は客が少なく、ふたりだけになったので食べ終えて出る。もしかすると営業時間を短縮したのかもしれない。

弟は小雨に打たれながら自転車に乗って、カラオケ店に出かけていった。

ひとりで泳いでいても 2022/07/15

30分くらい泳いでいると、隣のレーンで泳いでいた人に声をかけられた。

「お上手ですね、ずっと水泳されてたんですか?」

そんなことはなく、小学生のときに1年習ったことがあるくらいだった。それも、泳げないから通いはじめて、泳げるようになってやめた程度。

経験はそんなにないけれど、泳ぐのは好きだと話すと、マスターズサークルに勧誘された。曜日と時間帯が決まっていて、毎週一緒に泳いでいるそうだ。

「今日このあとでもいかがですか?」

もうじゅうぶん泳いでいたので、また時間が合えば参加すると伝えた。

ひとりで歩いているときに声をかけられることはよくあるけれど、ひとりで泳いでいても、声をかけられることがあるらしい。

 

そのままお風呂に浸かって出てくると、控え室でテレビドラマがやっていた。弁護士のバディものっぽかった。今日が第一話だったようで、結局最後まで見た。

「石子と羽男」というタイトルだった。家にはテレビがないし、来週からもこの時間に泳ぎにきて、ドラマも見ようかな。

 

今日中にサインと印鑑 2022/07/14

弟が急に連絡してきて、今日中にサインと印鑑がほしいと言う。わかったと伝えると、強烈な雨の中、自転車を漕いで家までやってきた。

そのままどこかに外食することに。

近所にあるのは、うどんとお好み焼き、中華。聞けば、うどんをさっき3玉食べたらしい。だからうどんはなしで、と希望を出していた。さっき3玉食べたなら夜ご飯いらないだろ。

弟は、冷凍うどんの3玉だと少ないとかなんとか言っていた。

 

雨は小ぶりになっていた。傘を差してお好み焼き屋さんまで歩く。店の前でなにやら電話している人がいた。ふと隣を見ると弟がおらず、お好み焼き屋さんをスルーしてどんどん前に歩いていっていた。急いで追いつく。

「ちょっと、え、中華にするん?」

「なんかお好み焼き、下町感がすごすぎて」

下町に住んでいるくせによく言うよ、と思いながら付け足す。

「中華も下町っぽいけどいい?」

「中華は大丈夫」

そうか、と思いながら傘を置いて中華に入った。店内には他にお客さんはいなかった。

 

食べているあいだにどんどん雨足は強くなり、とうとう土砂降りになった。

途中、店員さんが傘を手にして、急に店の外へ走っていった。どうしたのかと思ったら、少しして、傘を持っていないお客さんをふたり連れて戻ってきた。

弟が急に笑いながら言う。

「なぁあの傘、おれらのじゃない?」

たしかに店員さんが使っていた傘は、店の外に置いてあった弟のものだった。店員さんは何もなかったかのように、その傘を傘立てに戻していた。

 

お会計を済ませたころにはいよいよ雨がどうしようもなくなって、大きな道路も川のようだった。弟は裸足にサンダルだから濡れても問題ないと自慢気に言っていた。もう叫ばないと会話できないくらい、雨音が激しかった。それでもふたりで、大声で話しながら夜道を帰ってきた。

ゴーグル2つ 2022/07/13

プールに行って落とし物がないか尋ねてみた。

「あの、ゴーグル2つなんですけど」

「ゴーグル2つですね?いつごろですか?」

ゴーグルを2つ失くしていても、インストラクターさんは動じずに、丁寧に対応してくれた。おかげでゴーグルは2つとも手元に返ってきた。

でも、今日家を出たときはゴーグルがなかったから、水着を用意していない。お風呂に入って、ストレッチだけして帰ってきた。

 

夜はキムチ鍋をつくる。コチュジャンが必要だけど、持っていなかったから抜きにした。肉と白菜は倍の量を使った。鍋から溢れんばかりのボリュームだったけど、煮込むうちに白菜が縮んで、食べる直前にはなんとか蓋が閉まるくらいになった。

明らかに2人以上用だな、と思ったけど、ひとりで食べる。

 

ここに住み始めてからは、キッチンで料理をしたら、そのままキッチンで食べている。折りたたみ式の机の上で包丁を使い、その机をそのまま食卓代わりにして、立食。部屋のテーブルまで料理を運ぶのが面倒なのと、なんとなく、部屋に食べ物の匂いがこもるのも気になるので。あと、作ったものを食べながらさらに追加で料理をすることも多いから。

けど、今日はこれ以上、追加で料理することもない。椅子を部屋から持ってきて、座ってキムチ鍋を食べた。

座って食べると食べすぎてしまうのだろうか、鍋いっぱいの具はいつの間にか胃の中に消えていった。

ゴミを捨てに外に出ると、ちょうど隣の友人が帰ってきていた。

部屋を出るときに隣人が帰ってきているとものすごく驚く。誰もいないつもりで気が抜けているのだろうな。

友人は22時前まで働いていたらしい。おつかれさま。

ふたつ持っていたはずなのに 2022/07/12

昨日は疲れすぎて泳げなかったので、今日こそは泳ごうと思っていたのに仕事がなかなか終わらなかった。終わったころにはお腹が空いていて、ひとまずラーメンを食べることに。

手早くメニューを決めて店員さんを呼んで伝えると、そのラーメンは今日は売り切れと言われてしまった。そのラーメンを食べたい、という強い気持ちが、矛先を失ってしまった。店員さんにいったん考えますと伝えるか、それとも何か良さそうなのはあるか、10秒ほど悩んで適当に別のラーメンに決めた。

 

ラーメンとセットで注文したチャーハンだけが先に来て、なかなかラーメンは来なかった。プールは23時まで空いているから問題ないけど、あまり遅くなると翌日にも差し障る。ぼんやりと店内を見ていたら、大判ニラ餃子が580円と書いてあった。食べたいけれど、きのうさとで晩に2000円近く使ってしまったので、そういう思わぬ失態は避けたい。でもお腹すいたな……と考えているうちに麺が来た。

食べたかったのはこれじゃないけど、おいしかった。おいしかったけど、あの売り切れていたラーメンを食べたかった気持ちは消えないんだな、と思いながらプールに向かう。

 

しばらく泳いで帰る。

家に着いて水着を干すと、ゴーグルがなかった。

ゴーグルはふたつ持っていたはずなのに、ひとつもなくなってしまった。